モリソン&ボウモア社が誇る
プレミアムレンジ「CELEBRATION OF THE CASK」登場!!


【セレブレーション オブ ザ カスク/スコッチモルト販売プライベートボトル】

オーヘントッシャン 27年

オーヘントッシャン 26年
Auchentoshan 1990

《110983》
セレブレーション オブ ザ カスク
度数:53.9度/容量:700ml
蒸留年:1990年/地域:ローランド

明るいゴールド。熟したパイナップル、レモンキャンディーのような甘酸っぱい香り。
オイリーでしっかりしている。甘さからドライさへと変化する。かすかにジンジャー、レーズン。スパイシーで癖になる。

button_order

 


 

カリラ 11年

カリラ 10年
Caolila 2006

《110984》
セレブレーション オブ ザ カスク
度数:58.3度/容量:700ml
蒸留年:2006年/地域:アイラ

明るいレモン色。ヨード香、潮の香りが広がる。
オイリーでしっかりした塩っぽさ、スモーク香が広がる。心地よい甘さ、ピーティーなドライさが後に続く。

button_order

 



スコッチモルト販売㈱が厳選したカスクのみをお届けする

プライベートボトル企画「SCOTCH MALT SELECTION」


モリソン&マッカイ社が誇るプレミアムレンジ「CELEBRATION OF THECASK」が登場!
モリソン&マッカイ社は、元モリソン・ボウモア取締役のブライアン・モリソンと、キーパー・オブ・ザ・クエイクを受賞しているケニー・マッカイが、スコットランドのパースシャーで創業したインディペンデント・ボトラー。

プレミアムレンジ「CELEBRATION OF THE CASK」は、設立当初から親しまれてきたシリーズで、すべてシングルカスク、カスクストレングスでのボトリングです。
今回、プライベートボトルでセレクトしたのは2 アイテムで、いずれも、モリソン&マッカイ社のケニー・マッカイ氏が来日し、直接渡していただいたカスクサンプルの中からセレクトしました。
1 本目は、近年、再評価されているローランド・モルトで、円熟味を増した果実香と柔らかな樽のニュアンスが感じられる「オーヘントッシャン 1990 26 年」。そして2 本目は、フレッシュな柑橘系フレーバーとシャープなスパイス、爽やかなスモークが心地よいショートエイジの人気アイラ・モルト「カリラ 2006 10 年」。
個性の異なる2 アイテム、モリソン&マッカイ社が誇るプレミアムレンジを存分にお楽しみください!

 

ケニー・マッカイ氏 × 吉村宗之氏 モリソン&マッカイ社の魅力

ケニー・マッカイ氏 × 吉村 宗之 氏


今回の「Scotch Malt Selection」の選定にあたっては、モリソン&マッカイ社の代表取締役ケニー・マッカイ氏が、息子でありセールスマネージャーでもあるピーター・マッカイ氏とともに来日し、直接、貴重なカスクサンプルを持ってきていただきました。その際、ウイスキーアドバイザー吉村宗之氏とsaketry のコラボ・ショップ「M’s Tasting Room」にもご来店され、吉村氏によるインタビューが実現。

ウイスキー業界で長年のキャリアを持つマッカイ氏に、モリソン&マッカイ社の魅力について語っていただきました。

 

 

吉村: 今日はモリソン& マッカイ社代表取締役のケニー・マッカイさんに、エムズ・テイスティングルームにお越しいただきました。お忙しいところインタビューにお時間を割いてくださり、本当にありがとうございます。

ケニー: いやいや、こちらこそありがとうございます。

吉村: ケニーさんは、ウイスキー業界で最高の名誉とされる「キーパー・オブ・ザ・クエイク」の称号をお持ちだとうかがっています。この称号は、スコッチウイスキーの発展に深い貢献があったと業界から認められた方が与えられるものだそうですね。

ケニー: はい、「スコッチウイスキーの聖杯の守護者」という称号で、とても名誉なことだと思っています。

吉村: ウイスキー業界での長いご経歴のあるケニーさんが、元モリソンボウモア社のブライアン・モリソンさんと一緒に設立したインディペンデントボトラーがモリソン&マッカイ社ですね。会社のモットーや製品について、お話しいただけますか。

ケニー: 私が30 年以上にわたって培ってきた業界内でのパイプは広く、太く、入手が極めて困難な樽も弊社は所有しています。レアなシングルモルトはもちろんのこと、ブレンデッドモルト用の原酒の蓄えも十分ですので、さまざまなタイプのウイスキーを販売していくことができます。

吉村: 原酒のストックが潤沢なのは、ボトラーとしては何よりの強みですね。

ケニー: はい。シングルモルトは「カーンモア」というシリーズで出していますが、加水タイプの「ストリクトリー・リミテッド」と、カスクストレングスの「セレブレーション・オブ・ザ・カスク」の2 種類があります。どちらもチルフィルタリングを行わず、カラーリングもしていません。

吉村: ノンチルフィルターでノンカラーリングならば、本来のアロマやフレーバーが楽しめますね。ちなみに「セレブレーション・オブ・ザ・カスク」には、濃厚なシェリー樽熟成の特別バージョンがあるそうですね。

ケニー: ヘビーシェリーなタイプは「ブラック・ゴールド・エディション」としてリリースしていますが、希少なため数量はわずかです。

吉村: やはり希少なんですね。そういわれると、ますます飲んでみたくなります(笑)。

ケニー: 私たちはシングルモルトばかりでなく、ブレンデッドモルトにも注力しています。「オールドパース」は弊社の看板商品ですが、おかげさまで大変ご好評をいただいています。

吉村: 「オールドパース」は芳醇で、とてもバランスがいいですよね。大好きなブレンデッドモルトのひとつです。ラベルのデザインもノスタルジックなイメージで素敵です。

ケニー: ありがとうございます。現在「オリジナル」、「シェリーカスク」、「ピーティ」の3 種類を製造販売していますが、いずれも弊社の自信作です。

吉村: 3 種類の「オールドパース」の飲み比べが楽しそうですね。さて、現在御社ではウイスキー蒸留所の建設を計画中だとうかがっていますが、建設予定地やオープンの時期などについてお話しいただけますか。

ケニー: ローランドのパースのはずれにアバラーギーという村があり、そこに建設し2017 年末にオープンの予定です。ローランド地方では3 回蒸留が伝統的な製法ですが、2 回蒸留で製造します。なお資金繰り補助のための、ジンなどの製造は行わないつもりです。

吉村: それは楽しみですね。今日は本当にありがとうございました!

ケニー: こちらこそ、ありがとうございました!

 


吉村 宗之

1990 年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。
1998 年、ウェブサイト「M’s Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。
2005 年、ウイスキー専門誌「THEWhisky World」の発足メンバーに。
現在は、試飲のできるリカーショップ「M’s Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。

 

By : admin /6月 01, 2017 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

気品漂うレトロラベル 「ベンリネス21年」ウイス キーエクスチェンジ渾身の1 本



ザ・ウイスキー・エクスチェンジ社は、ウイスキーを中心とした商品を1,200種類以上もの取扱いを誇る専門商社で、ロンドンに英国随一といわれる専門店を構えています。
代表のスキンダー・シン氏は、蒸留所関係者とも密接な関係を持ち、そのたぐい稀なる先見性とアイディアは、常にウイスキーマーケットのトレンドをリードし続け、広く業界関係者に認められています。そうした、商品選定の目で選び抜いた「ザ・シングルモルツ・オブ・スコットランド」シリーズは、同社を代表するブランド商品で絶大な人気を誇っています。

 

ベンリネス 21年
Benrinnes 1995

《110953》
ウイスキー・エクスチェンジ
度数:50度/容量:700ml
蒸留年:1995年/地域:スペイサイド

淡いゴールド。熟したリンゴ、メンソール、ほのかにピートを感じる。ミディアムボディでクリーミー。
甘くてスパイシー、フルーティーで心地よい。ドライフィニッシュ。

button_order

 


 

By : admin /6月 01, 2017 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

コスパで勝負! 完売必至!ハートブラザーズ3 アイテム新入荷!!

【ファイネスト・コレクション/ハート・ブラザーズ社】

伝統は破ることから始まる。親子二代ウイスキー業界一筋の眼力が優れた樽を磨く!

ハート兄弟の長男イアンは、「リチャード・パターソン」の父の会社である「W・R・パターソン」社で1950年代後半まで働き、三男のドナルドが大学を卒業した後、二人で1962年に今のハート・ブラザーズ社の前身となる「イアン・G・ハート」社を設立。次男アリステアは、1975年まで「ホワイト&マッカイ」でブレンダーとして働き、1976年に兄弟の会社へ。

当初は南アフリカ産の酒精強化ワインのネゴシアンで、スコットランド西部でも有数の卸業者として名を馳せた。
1988年、長男のイアンの引退とともに、名前を現在のハート・ブラザーズ社とし、同時にシングルモルトを主力商品として扱う現在のスタイルとなった。
2007年に同社は別会社に売却されたが、「ハート・ブラザーズ社」の名は残り、アリステアが引き続きウイスキー部門の責任者として手腕を振るっている。「ファイネスト・コレクション」シリーズは同社の主力ブランド。

 

ボウモア 14年

ボウモア 14年
Bowmore 2002

《110979》
ハート・ブラザーズ
度数:46度/容量:700ml
蒸留年:2002年/地域:アイラ

淡いレモン色。薬品臭く磯っぽい。ミディアムボディでスモーキー、シロップのような甘さが広がる。
クリーミーでなめらか、ほのかに塩っぽさが残る。

button_order

 


 

グレンゴイン 11年

グレンゴイン 11年
Glengoyne 2005

《110978》
ハート・ブラザーズ
度数:56.8度/容量:700ml
蒸留年:2005年/地域:ハイランド

淡い琥珀色。黒糖、カラメル、ドライアプリコットのような甘酸っぱい香り。
メープルシロップ、メロンのような甘さ。心地よい刺激が広がる。ドライでクリーミー。

button_order

 


 

レダイグ 11年

レダイグ 11年
Ledaig 2005

《110977》
ハート・ブラザーズ
度数:54.6度/容量:700ml
蒸留年:2005年/地域:アイランズ

色はゴールド。薬品臭さ、燻香が広がる。
しっかりとしたボディ、メープルシロップのような甘さ、スモーク香が広がる。コクがあり、ピーティー、煙臭さが残る。

button_order

 


 

By : admin /6月 01, 2017 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

ザ・テイスター シリーズ第10 弾!
華麗なスペイサイドモルト「トーモア 28 年」登場!!

ザ・テイスター シリーズ第10 弾! 華麗なスペイサイドモルト「トーモア 28 年」登場!!
【テイスター/スコッチモルト・セールス】

トーモア 28年

トーモア 28年
Tormore 1988

《110945》
テイスター
度数:49.3度/容量:700ml
蒸留年:1988年/地域:スペイサイド

華やかな熟した果実、オレンジや黄桃、ドライアプリコット。
樽由来の心地良い甘みや渋みがバニラやシナモンのよう。麦芽の優しい甘さ、穏やかな中に複雑さがある。

button_order

 


『The TASTER』シリーズ第10弾!! 谷嶋元宏氏インタビュー

著名なテイスターに数あるサンプルの中からテイスティングと選定を依頼するシリーズ『The TASTER』の第10弾。
今作は、Bar Fingal のオーナーであり日本屈指のテイスターの1 人として知られる谷嶋元宏氏をお迎えして、谷嶋氏が選定したトーモア蒸溜所の魅力やテ イスティングについて想いを伺った。

Bar Fingal - 谷嶋 元宏氏

谷嶋 元宏

1966年京都府生まれ。高校教員を経て、東京・神楽坂にバー「Fingal」を開店。2015 年、日本の洋酒文化・バーライフの普及・啓蒙を推進する「酒育の会」準備室を設立、現在に至る。JSA 日本ソムリエ協会認定ソムリエ。

Bar Fingal

東京都新宿区神楽坂3-1 美元ビル1F
03-3235-2378
19:00 ~ 02:00 日曜・祝日休み


トーモア蒸溜所について、どのような印象をお持ちでしょうか?

トーモアはスペイサイドで20世紀になって初めて建設された蒸溜所です。1959年生産開始で、もうすぐ60年ほどの比較的若い蒸溜所ですね。一度だけ蒸溜所へ行ったことがありますが、新しい綺麗な設備でスペイサイドでも大きな街道沿いの高台にある蒸溜所だなという印象で、何となく教会の雰囲気に似ている気がしました。
街道沿いに建っていますが、蒸溜所のすぐ裏には仕込み水に使われる池があり、見学の際に、その池に筒を放り投げてウイスキーの色と同じピートが溶け込んだ茶色の水を汲んでもらいました。その場でウイスキーとトワイスアップで飲んで非常に美味しかったのを今でも鮮明に覚えています。まさに仕込み水ですから、日本で飲むトワイスアップとは全然違ってストレスが全く無く贅沢な飲み方でした。スコットランドの気候・風土も含めての味だったと思います。


トーモアと聞いて、記憶に残っているボトルはありますか?

比較的マイナーで、それほどリリースが多い蒸溜所ではないので難しいところですが・・・ラベルに水彩画で風景が描かれている10年でしょうか。まさにこの絵画のように優しいタッチの酒質なので、綺麗で柔らかでスペイサイドらしい印象です。今は12年ですが、あまり個性を前面に出す蒸溜所ではないので昔と比較しても大きな変化は無い気がします。

トーモアは、グレンバーギやミルトンダフと同様にバランタインの原酒で、またロング・ジョンの原酒でもありますから、基本的にオフィシャルとしてのボトリングではなくブレンデッド用の側面が強かったのもマイナー蒸溜所という印象を持たれる理由なのかもしれませんね。見方を変えると、あまり強い個性は無いけど優しく綺麗に仕上がっている点がブレンデッド用に使い易かったのかもしれません。


今回の「テイスター」ボトルについて

トーモアには良い印象を持っていましたので、比較的マイナーな蒸溜所ではありますが期待していました。 香り立ちは28年熟成なので非常に良いですね。度数も自然と落ちてきている印象です。品良く華やか、熟した果実、オレンジや黄桃、ドライアプリコットのようなニュアンスを感じます。また、爽やかな柑橘系やフレッシュなミントっぽさもあります。優しいけど複雑な香りが心地よく広がります。奥の方から樽由来のバニラやシナモンのニュアンス、麦芽の優しい甘さが感じられます。スペイサイドらしい香りですね。

味わいも本当にストレス無く楽しめるスペイサイドらしい味わいですよね。もちろんカスクなので、しっかりと力強さもありながらですが、熟した果実の甘みや酸味、心地よい甘みや渋みといった樽のニュアンスが感じられ飲み疲れない印象です。我々はどうしてもカスク慣れしてしまっているので、もしかしたら物足りない方はいるかもしれませんが(笑)、穏やかな中にも複雑な美味さがあります。後半は、蜂蜜のような甘さも出てきて非常にまとまっている印象です。時間を置いて開いてくると爽やかさよりも蜂蜜やフルーツ感がしっかりと出てきますね。

 

谷嶋さんが考えるテイスティングとは?

テイスティングは、立場によって求められることが違ってくるかと思います。ブレンダーだとサンプリングする原酒の熟成具合などをチェックして、それぞれの原酒の香りや味をどのように配合していくかをテイスティングしなければいけませんよね。私のようにバーテンダーだと、基本的にお客様にご提供する際に、このボトルの個性がどこにあるのかをご説明できるようにするのが目的の1つです。もちろん自分の好みはありますが、やはりお客様によって好みが違いますから、主観的な部分ではなく客観的にお伝えしています。スクールでは立場が違い、愛好家の方々へよりウイスキーを愉しんでいただきたいという観点になります。ウイスキーは”造り”がそのまま味に反映されます。例えばピートレベルや麦の種類、樽の選定といった、造り手の求める味わいが具現化できるお酒ですので、そういった”造り”と味わいを極力リンクして理解していただけるようにお話しています。そうすることで製造への興味が出てきたり、何かのウイスキーを飲んだときに製造に関する知識を思い浮かべたりすることができるわけです。単純に美味しいとか、1つ1つの味の表現も大事ですが、それよりも「こういう造りをするから、こういう味わいになる」ということを連想できると、よりウイスキーが楽しくなります。もちろん単純ではありませんが、これだけ多くの蒸溜所があり個性が違うわけですから、少しでも造り手を想像できると他のお酒には無い楽しさが深くなっていきますね。

また、例えば単純にピート香と言っても人によって感じ方が違います。これはピート香由来を分類することが大事です。消毒薬や薬品香だったり、黒土やオイリーで重い香りだったり、ヨード香だったり・・・。その中で、ある人はスモークの強弱で判断したり、またある人は消毒薬の強弱で判断したりと、人によってピートの強弱を判断する要素は違ってきます。ですので、単にピート香といっても様々な要素で形成されていることを知り、それを頭の中で整理していけるとテイスティングは上達していくと思います。

 

テイスティングは難しいと感じている方も多いと思いますが・・・

ワインでもそうなのですが、テイスティングをしようと思ったら日頃から意識的に香りを嗅ぐことが大事ですね。普段は強い香りを嗅ぐと無意識的に香りを遮断してしまうのですが、例えばスーパーで果物や野菜の香り、街を歩いているときにふと感じた香りを意識して覚えていくと、次第に単語が出てくるようになります。これはもう訓練しかないのかなと思います。あとは他の人の表現を聞くことで、その香りに気付くことが多いですね。ですので、テイスティングをやり始めの方や不慣れな方には1人でテイスティングするのは難しいかもしれません。いま定期的に開催している酒育の会での基礎講座や、何人かでテイスティングをすることで他の人がどのように表現しているかを知ることが上達への1つの道なのかなと思います。

 

今回の「テイスター」ボトルの愉しみ方

ゆっくりと愉しんでいただきたいですね。最初の1杯というよりも2杯目~3杯目に。繊細ですが樽のニュアンスや複雑さもしっかりと表現されていますので、じっくりとお愉しみいただければと思います。

 

By : admin /4月 28, 2017 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

新緑の5月 、モルトマン新入荷!
強烈な個性を持つ「ピートフリーク2009 7年」他3アイテム!!

新緑の5月 、モルトマン新入荷! 強烈な個性を持つ「ピートフリーク2009 7年」他3アイテム!!

【ザ・モルトマン/メドウサイド・ブレンディング社】

「常に完全を求めて努力する」ことを モットーに掲げるメドウサイド・ブレンディング社のフラッグシップ・ブランド

兄のアリステアと共に勤めたハート・ブラザーズ社時代を含め、ウイスキー産業で45年を越える経験をもつドナルド・ハートがハート・ブラザーズのブランドを譲渡後、息子のアンドリューと共に2009年グラスゴーで立ち上げた新しいボトラー。
業界での長い経験を活かし、独自のルートで選び出した樽を同社オリジナルブランド「ザ・モルトマン」としてボトリング。シングルモルトを中心とし、ブレンデッド・ウイスキーやウォッカ等も手がけている。同社のモットーは、「優れた者がそうであるように、常に完全を求めて努力する」こと。

 

ベンネヴィス 21年

ベンネヴィス 21年
Ben Nevis 1995

《110944》
ザ・モルトマン
度数:49.7度/容量:700ml
蒸留年:1995年/地域:ハイランド

明るいゴールド。バニラ、梨のようなフルーツ香。
ミディアムボディでジューシー、桃のようなトロピカルな味わい。なめらかでコクがあり樽香が広がる。

button_order

 


 

モートラック 18年

モートラック 18年
Mortlach 1998

《110962》
ザ・モルトマン
度数:54.7度/容量:700ml
蒸留年:1998年/地域:スペイサイド

明るいゴールド。レーズンのような甘い香り。
コクがありメープルシロップのような甘さが広がる。余韻が長くほのかにスパイス、香ばしさが残る。

button_order

 


 

ブナハーブン 12年

ブナハーブン 12年
Bunnahabhain 2004

《110963》
ザ・モルトマン
度数:56.2度/容量:700ml
蒸留年:2004年/地域:アイラ

淡いゴールド。芋焼酎、ヨード香を感じる。ミディアムボディでクリーミー。
麦芽の甘さ、ほのかに塩っぽさがある。クセはないが力強く飲み応えあり。

button_order

 


 

ピートフリーク 7年

ピートフリーク 7年
Peat Freak 2009

《110961》
ザ・モルトマン
度数:55.2度/容量:700ml
蒸留年:2009年/地域:ハイランド

淡いゴールド。ピート、ヨード、ロースト香を感じる。
ミディアムボディで甘口、潮の香りが広がる。フィニッシュは塩っぽく、力強い。

button_order

 


 

By : admin /4月 28, 2017 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

メドウサイド・ブレンディング社による
シングル・グレーン・ウイスキー「グレーンマン」

メドウサイド・ブレンディング社によるシングル・グレーン・ウイスキー「グレーンマン」

【ザ・グレーンマン/メドウサイド・ブレンディング社】

 

ノースブリティッシュ 28年 レッドワインフィニッシュ

ノースブリティッシュ 28年 レッドワインフィニッシュ
North British 1988 Red Wine Finish

《110964》
ザ・グレーンマン
度数:47.1度/容量:700ml
蒸留年:1988年/地域:ローランド

レッドベリー、麦芽の甘い香り。クリーミーな口当たりで味わいはフルーツケーキ、オレンジゼスト、リンゴアメ。
フィニッシュはとても滑らかでかすかにアーモンドとダークチョコレート。

button_order

 


 

ストラスクライド 25年 リースリングワイン・フィニッシュ

ストラスクライド 25年 リースリングワイン・フィニッシュ
Strathclyde 1992 Riesling Wine Finish

《110965》
ザ・グレーンマン
度数:51.2度/容量:700ml
蒸留年:1992年/地域:ローランド

アプリコット、フローラルな香り。
味わいは甘くハチミツ、ミルクチョコレート、熟したフルーツ。フィニッシュはバニラアイス、ハチミツやトフィー。

button_order

 


 

インバーゴードン 9年 ペドロヒメネス・フィニッシュ

インバーゴードン 9年 ペドロヒメネス・フィニッシュ
Invergordon 2007 Pedro Ximenez Finish

《110966》
ザ・グレーンマン
度数:58.7度/容量:700ml
蒸留年:2007年/地域:ハイランド

麦芽の甘い香り、ほのかにシェリー。
しっかりとした熟成感が感じられ、味わいはスムースでプディング、ダークチョコレート、シェリー。フィニッシュはマジパン、バランスの取れた程よい余韻。

button_order

 


 

By : admin /4月 28, 2017 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More
1 / 11
  • New Catalog

    [最新カタログ] こちらからご覧ください。
    最新デジタルカタログ

    デジタルカタログ閲覧方法
    デジタルカタログ閲覧方法


  • Event Guide

  • Goods Item

    オリジナルラベル
    ノベルティ、記念ボトルなどお作りいたします

    ジンジャービア
    本格モスコミュール!! ジンジャービア

    Returner(リターナー)
    ヌワラエリア産「紅茶のリキュール」