SCOTCH MALT SELECTIONより、若きアイラの旗手「キルホーマン」入荷!

SCOTCH MALT SELECTIONより、若きアイラの旗手「キルホーマン」入荷!

スコッチモルト販売が厳選したカスクのみをお届けするプライベート・ボトル企画「SCOTCH MALT SELECTION」より、若きアイラの旗手「キルホーマン」をリリース!

通常、今回セレクトしたのは、2011年ヴィンテージの6年。フレッシュ・バーボン樽で熟成された味わいは、フルーティーかつモルティーで、柔らかな塩味とともに爽やかな潮風が感じられる、まさに正統派キルホーマンとも言えるボトルです。

また、本ボトルのセレクトに合わせて、キルホーマン蒸溜所からセールス&マーケティングマネージャーのピーター・ウィルズ氏が来日。『M’s Tasting Room』にお越しいただき、キルホーマンの特徴や魅力を語っていただきました。

 

キルホーマン蒸溜所について

ウィルズ氏『キルホーマン蒸溜所は2005年に創業しました。アイラ島では124年ぶりに誕生した蒸溜所で、2009年にシングルモルトをリリースし、今年で9年目になります。』

他にはない特徴とは?

ウィルズ氏『キルホーマンは、アイラ島で伝統的だったファーム・ディスティラリー(農場蒸溜所)の理念に基づいており、アイラ産の原材料にこだわり、使用しているモルトの一部は自社の畑で栽培したものです。
他の蒸溜所と比較しても非常に小さなポットスチルを使っており、少人数の職人達によって丁寧にウイスキー造っています。また、フェノール値も50ppmと高めにしており、非常に力強い味わいが特徴ですね。』

最近では様々なカスクタイプのボトルもリリースしていますね?

ウィルズ氏『はい。新しい蒸溜所ですから、常に新しいことにチャレンジしています。
例えばワインカスクがそうですね。また、シングルカスクを毎年リリースしているほか、ロッホゴルムや100%アイラといった限定商品にも力を入れています。』

今回のカスクについて

ウィルズ氏『非常に良いカスクを選ばれたのではないでしょうか。私自身の考えですが、キルホーマンの香りや味を最も的確に表現しているのはバーボンカスクだと考えています。もちろん他のカスクも美味しいですよ! ( 笑) ですが、バーボンカスクから得られるテイストからは、我々が表現したい麦の旨さや、力強いピート香が最も強く表われていると感じます。そういった意味でも、このカスクは非常に良質なカスクだと思います。』。


キルホーマン 6年

キルホーマン 6年
Kilchoman 2011

《111216》
オフィシャル スコッチモルトセレクション
度数:58度/容量:700ml
地域:アイラ
カスク:フレッシュ・バーボン樽

海草、潮の香り、ハーブ、スモーキーな芳香。
オイリーで燻香が広がりクリーミーで甘さが広がる。胡椒、ピート、ほのかに塩っぽさが残る。

button_order


 

By : admin /8月 02, 2018 /NEWリリース, What's New, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

77本限定のアイリッシュ・シングルモルトXOを緊急リリース!!

77本限定のアイリッシュ・シングルモルトXOを緊急リリース!!

倉庫よりストックボトルを放出!
Liquid Sun IRISH SINGLE MALT XO

そのフルーティーな軽やかさと旨みから、今や確固たる人気を築き上げているといっても過言ではないアイリッシュ。

このボトルも、その例に漏れず、爽やかなフルーティーさを持ち。暑さがきびしくなってきたこの時期にも、ストレスなくお愉しみいただけるボトルに仕上がっています!


アイリッシュシングルモルト XO

アイリッシュシングルモルト XO
Irish Single Malt XO

《110952》
リキッドサン
度数:50.3度/容量:700ml
地域:アイルランド
カスク:バレル

柑橘系の爽やかな香り、トーストしたアーモンド、ほのかにメンソール。ナッティーでスパイシー、オイリーでバニラを感じる。ドライフィニッシュ。

button_order


 

By : admin /8月 02, 2018 /NEWリリース, What's New, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

ディスティラリーコレクションより芳醇な王道スペイサイド「グレングラント」

ディスティラリーコレクションより芳醇な王道スペイサイド「グレングラント」

スコッチモルト販売のフラッグシップ・ブランド『ディスティラリーズ・コレクション』の久しぶりのリリース!

今回セレクトしたのは、まさに王道スペイサイドと呼ぶに相応しい芳醇な味わいをご堪能いただける「グレングラント 22 年」です。

スムースな飲み口ですが、すぐに華やかさと蜂蜜のようなニュアンスが弾けるように広がり、それとともに、穏やかでスムースながらも程よい厚みのあるモルティーな旨味が口いっぱいに広がります。その味わいは、まさに王道のスペイサイド・モルトだと実感していただけるボトルです。ぜひお愉しみください!


グレングラント 22年

グレングラント 22年
Glen Grant 1995

《111223》
ディスティラリーズ・コレクション
度数:55度/容量:700ml
地域:スペイサイド
カスク:ホグスヘッド

クランベリーのようなフルーティーで甘酸っぱい香り。
ハニー香も感じる。クリーミーでジューシー。ナッツっぽくて甘さからドライさへとシフトする。ほのかにハーブが残る。

button_order


 

By : admin /8月 02, 2018 /NEWリリース, What's New, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

日本向けグレンキース1998を含む厳選3アイテム登場!!

日本向けグレンキース1998を含む厳選3アイテム登場!!

その確かな樽選びが大きな信頼を得ているメドウサイド・ブレンディング社の「ザ・モルトマン」より、日本向けボトルを含めた厳選3アイテムをリリース!

モルトマンでは久しぶりの日本向けアイテムとして選ばれたのは「グレンキース 1998 19年」です。爽やかな果肉感でこれまで多くのファンを魅了してきたグレンキースですが、今回、日本向けにセレクトされたのは、オロロソ・シェリー樽。完熟フルーツの香りとともに、オロロソ・シェリー由来のドライで濃密な甘さが広がります。フィニッシュのシャープな切れ上がりや、シナモンを思わせるスパイスのニュアンスも印象的なボトルです。

また、短熟シェリー樽の「アードモア 2010 7年」は、ハイランドモルトながらピーティーなウイスキーを造るアードモアらしいスモークに溢れ、シェリー樽由来の甘さと奥深さが短熟モルトの軽やかさと相まって、飲み応えのある仕上がりになっています。

そして、27年熟成を迎えた「トマーティン 1990 27年」は、現在のオフィシャルが志向している柔らかな側面とともに、かつての味わいを思い起こさせてくれるようなシナモンやクローヴのような香辛料系のフレーバーが、トロみのある熟成感の奥から湧き上がってきます。


グレンキース 19年

グレンキース 19年
Glen Keith 1998

《111228》
モルトマン
度数:52.2度/容量:700ml
蒸留年:1996年/地域:ハイランド
カスク:オロロソ・シェリー樽

レモングラス、アロマティックで花のよう。ミディアムボディでジンジャー、シロップ、スパイシー。ほのかに樽香。ドライフィニッシュ。

button_order


トマーティン 27年

トマーティン 27年
Tomatin 1990

《111226》
モルトマン
度数:49.3度/容量:700ml
蒸留年:1990年/地域:ハイランド
カスク:リフィル・ホグスヘッド

香りは熟したメロン、ハチミツ、バナナ。
味わいはフルーティーでストロベリーやかすかにマンゴー、時間とともに焦がしたオーク。フィニッシュは心地よくペッパー、シナモン、アップルパイ、かすかにジンジャー。

button_order


アードモア 7年

アードモア 7年
Ardmore 2010

《111225》
モルトマン
度数:56.5度/容量:700ml
蒸留年:2010年/地域:ハイランド
カスク:シェリー・バット

メープルシロップ、ほのかにヨード、スモークを感じる。
クリーミーでシリアル、ほのかにフルーティー。オイリーでジューシー。ほのかにスパイスが残る。

button_order


 

 

By : admin /8月 02, 2018 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報, 入荷履歴 /Read More

ウイスキーファンの探究心をくすぐる「ジ・イリディセント・カスク」2ヶ月連続リリース第2弾!!

2 ヶ月連続リリース第1 弾!THE IRIDESCENT CASK

【ジ・イリディセント・カスク / スコッチモルト販売】

2 ヶ月連続リリース第2弾!
THE IRIDESCENT CASK
CAOL ILA 2011 6yo

1つの蒸溜所の蒸溜年と熟成年数が全く同じ原酒でありながら、カスクの違いによる個性の違いを、異なる角度から見た場合に虹色に変化する「玉虫色」になぞらえて「THE IRIDESCENT CASK(ジ・イリディセント・カスク)」と名付けて、全4 種類の第2弾をリリースいたします。

前回の「バーボン・カスク」と「オーツ・カスク」と同じく、カリラ蒸溜所の2 0 11年蒸溜、6年熟成の若い原酒を、シカゴにあるクラフト・ディスティラリーの「ライ・ウイスキー・カスク」と「フォーグレーン・カスク」で熟成させました。シカゴを代表する、全米のクラフト蒸溜所の中でも最も大きな蒸溜所へ成長した同蒸溜所では、100%ライ麦のみのウイスキーを造っています。

ライ麦は熱に対して非常に繊細で、使用するライ麦の量に対するスピリッツの生産量が僅かなことから、ライ麦の豊かな風味を残したまま100%ライ・ウイスキーを造ることができる蒸溜所は非常に少なく、そういった意味でも非常に稀有な蒸溜所であると言えます。また、4種類の穀物を糖化・発酵の段階から全て混合させて蒸溜して造られる「フォーグレーン(Four Grain)ウイスキー」は、それぞれの穀物の個性と味わいが絶妙に合わさることで、重厚な味わいを表現しています。

こうした個性的なウイスキーは、すべて通常の約半分サイズのバレルで熟成されており、これらの1stフィルの空樽を使用することで、それぞれ個性豊かなカリラが誕生しました。
前回の2種類と同様、カスク由来の味の違いを飲み比べたり、カスク元の蒸溜所のウイスキーと飲み比べたり・・・ウイスキーファンの探究心をくすぐる2アイテムをお楽しみください!!!



カリラ 6年 フォーグレーン・カスク

カリラ 6年 フォーグレーン・カスク
Caol Ila 2011

《111206》
ジ・イリディセント・カスク
度数:60.7度/容量:700ml
蒸留年:2011 年/地域:アイラ
カスク:1st フィル・フォーグレーン・カスク

強いヨード香、マスタード、潮の香り。フルボディーで甘口。シロップのような甘さとスモーキーさが広がる。タール、海草、胡椒、オークのようなドライさがある。。

button_order



カリラ 6年 ライ・カスク

カリラ 6年 ライ・カスク
Caol Ila 2011

《111209》
ジ・イリディセント・カスク
度数:60.2度/容量:700ml
蒸留年:2011 年/地域:アイラ
カスク:1st フィル・ライ・カスク

力強いヨード、磯の香りとロースト香。しっかりとしたボディでパワフル。甘さから塩っぽさ、スパイシーな味わいへとシフトする。ライの香ばしい香りが広がる。

button_order

 

 

 

 

By : admin /7月 01, 2018 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

ザ・クーパーズ・チョイスよりバラエティ豊かな期待の6アイテム登場!!

ザ・クーパーズ・チョイスよりバラエティ豊かな期待の6アイテム登場!!

【ザ・クーパーズ・チョイス/ ザ・ビンテージモルト社】

蒸溜所非公開のティースプーン・モルトや、ハイボールで楽しみたい短熟アイラ、マニア心をくすぐるスペイサイドモルト、そして高評価の70年代長熟グレーン・・・。
クーパーズ・チョイス期待の6アイテム登場!!

グラスゴーのバーズデンにあるザ・ヴィンテージ・モルト社の「クーパーズ・チョイス」より、バラエティ豊かな6アイテムを新入荷しました!

蒸溜所非公開ですが、三角ボトルでおなじみの超有名スペイサイド蒸溜所のティースプーン・モルト「ウォードヘッド 1997」は、その質感ある飲み応えを堪能していただきたい逸品です。

アイラからは「ポートシャーロット 2006」は、ストレートで飲むとスモーキーさよりもピートが持つ甘みと柔らかなヨード香が感じられ、ロックやハイボールにすると軽快なスモークが現れます。加水で飲みやすく仕上がっており、夏にスッキリと楽しみたい方へ提案したいボトルです。

また、スペイサイド地方から、少しずつ評価が高まってきており今後押さえておきたい蒸溜所として名が挙がってきている「トミントール 1996」、これまで注目度は高くなかったものの素朴な旨味でコアなファン層を持つ「ベンリネス 2001」、ボトラーズからのリリース量がそれほど豊富ではない「スペイバーン 2009」といった、モルトマニアの心をくすぐるようなモルト3種をチョイスしました。

そして、近年、長熟グレーンとしての地位を確立してきた感のあるインヴァーゴードンは、1974年ヴィンテージの43年をリリース。リフィル・シェリー樽による芳醇な味わいをご堪能ください!


インヴァーゴードン 43年

インヴァーゴードン 43年
Invergordon 1974

《111195》
クーパーズ・チョイス
度数:46.5度/容量:700ml
蒸留年:1974年/地域:ハイランド
カスク:リフィル・シェリー樽

レーズン、コーヒー、バタークッキーのような甘い香り。オイリーでふくよか、焦がした砂糖、ナッツが広がる。
しっかりとしたボディで樽香、奥にフルーティーさを感じる。

button_order


 

トミントール 20年

トミントール 20年
Tomintoul 1996

《111196》
クーパーズ・チョイス
度数:48.5度/容量:700ml
蒸留年:1996年/地域:スペイサイド
カスク:バーボン・ホグスヘッド

レモンキャンディー、ハニー香、ライトボディでなめらか。口当たりは柔らかく麦芽の甘さ、ほのかにハーブが広がる。刺激が少なく食前酒としても最適。

button_order


 

ウォードヘッド 20年

ウォードヘッド 20年
Wardhead 1997

《111193》
クーパーズ・チョイス
度数:51度/容量:700ml
蒸留年:1997年/地域:スペイサイド
カスク:バーボン・ホグスヘッド

クルミのようなナッツっぽさから徐々にアプリコット、メロンの香りが出てくる。
シロップ、ハーブ、レーズンの甘さ。樽香が広がり、心地よいビター感。バランスがよい。

button_order


 

ベンリネス 15年

ベンリネス 15年
Benrinnes 2001

《111190》
クーパーズ・チョイス
度数:46度/容量:700ml
蒸留年:2001年/地域:スペイサイド
カスク:バーボン・ホグスヘッド

ウッディーでバニラの甘い香りが広がる。徐々に柑橘香が出てくる。クリーミーでナッティー、柔らかい口当たり。
後半スパイシーで心地よい。ドライさが残る。

button_order


 

ポートシャーロット 11年

ポートシャーロット 11年
Port Charlotte 2006

《111191》
クーパーズ・チョイス
度数:46度/容量:700ml
蒸留年:2006年/地域:アイラ
カスク:バーボン・ホグスヘッド

ヨード、燻製された牡蛎、潮の香りが広がる。煙臭さが広がりシロップのような粘着性を伴う。焦がしたアーモンド、まろやかでドライ。

button_order


 

スペイバーン 7年

スペイバーン 7年
Speyburn 2009

《111194》
クーパーズ・チョイス
度数:46度/容量:700ml
蒸留年:2006年/地域:スペイサイド
カスク:リフィル・シェリー樽

青リンゴ、シリアル、ほのかにピートを感じる。シロップ、麦芽の甘さが広がりオイリー。穏やかでナッツの香ばしさが広がる。

button_order


 

By : admin /7月 01, 2018 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報, 入荷履歴 /Read More
1 / 11
  • New Catalog

    [最新カタログ] こちらからご覧ください。
    最新デジタルカタログ

    デジタルカタログ閲覧方法
    デジタルカタログ閲覧方法


  • Goods Item

    オリジナルラベル
    ノベルティ、記念ボトルなどお作りいたします

    ジンジャービア
    本格モスコミュール!! ジンジャービア

    燻酒