SCOTCH MALT SELECTIONより、若きアイラの旗手「キルホーマン」入荷!

スコッチモルト販売が厳選したカスクのみをお届けするプライベート・ボトル企画「SCOTCH MALT SELECTION」より、若きアイラの旗手「キルホーマン」をリリース!

通常、今回セレクトしたのは、2011年ヴィンテージの6年。フレッシュ・バーボン樽で熟成された味わいは、フルーティーかつモルティーで、柔らかな塩味とともに爽やかな潮風が感じられる、まさに正統派キルホーマンとも言えるボトルです。

また、本ボトルのセレクトに合わせて、キルホーマン蒸溜所からセールス&マーケティングマネージャーのピーター・ウィルズ氏が来日。『M’s Tasting Room』にお越しいただき、キルホーマンの特徴や魅力を語っていただきました。

 

キルホーマン蒸溜所について

ウィルズ氏『キルホーマン蒸溜所は2005年に創業しました。アイラ島では124年ぶりに誕生した蒸溜所で、2009年にシングルモルトをリリースし、今年で9年目になります。』

他にはない特徴とは?

ウィルズ氏『キルホーマンは、アイラ島で伝統的だったファーム・ディスティラリー(農場蒸溜所)の理念に基づいており、アイラ産の原材料にこだわり、使用しているモルトの一部は自社の畑で栽培したものです。
他の蒸溜所と比較しても非常に小さなポットスチルを使っており、少人数の職人達によって丁寧にウイスキー造っています。また、フェノール値も50ppmと高めにしており、非常に力強い味わいが特徴ですね。』

最近では様々なカスクタイプのボトルもリリースしていますね?

ウィルズ氏『はい。新しい蒸溜所ですから、常に新しいことにチャレンジしています。
例えばワインカスクがそうですね。また、シングルカスクを毎年リリースしているほか、ロッホゴルムや100%アイラといった限定商品にも力を入れています。』

今回のカスクについて

ウィルズ氏『非常に良いカスクを選ばれたのではないでしょうか。私自身の考えですが、キルホーマンの香りや味を最も的確に表現しているのはバーボンカスクだと考えています。もちろん他のカスクも美味しいですよ! ( 笑) ですが、バーボンカスクから得られるテイストからは、我々が表現したい麦の旨さや、力強いピート香が最も強く表われていると感じます。そういった意味でも、このカスクは非常に良質なカスクだと思います。』。


キルホーマン 6年

キルホーマン 6年
Kilchoman 2011

《111216》
オフィシャル スコッチモルトセレクション
度数:58度/容量:700ml
地域:アイラ
カスク:フレッシュ・バーボン樽

海草、潮の香り、ハーブ、スモーキーな芳香。
オイリーで燻香が広がりクリーミーで甘さが広がる。胡椒、ピート、ほのかに塩っぽさが残る。

button_order


 

By : admin /8月 02, 2018 /NEWリリース, What's New, インフォーメーション, リリース情報 /SCOTCH MALT SELECTIONより、若きアイラの旗手「キルホーマン」入荷! はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.

  • New Catalog

    [最新カタログ] こちらからご覧ください。
    最新デジタルカタログ

    デジタルカタログ閲覧方法
    デジタルカタログ閲覧方法


  • Goods Item

    オリジナルラベル
    ノベルティ、記念ボトルなどお作りいたします

    ジンジャービア
    本格モスコミュール!! ジンジャービア

    燻酒