グラスゴー蒸留所のハンドクラフト・ジンMAKAR(マッカー)

発売日 / 2019年8月31日

7種のボタニカルと7回蒸留のハンドクラフト・ジン

【グラスゴー ディスティラリー】

グラスゴー蒸留所のハンドクラフト・ジンMAKAR(マッカー)は、創始者の祖母“Annie”にちなんだ愛称のポットスティルで7回蒸留で造られています。また、ジュニパー以外のボタニカルには、コリアンダー、リコリス、ローズマリー、黒コショウ、桂皮、アンジェリカルート、レモンピールの7種類が使われています。

聞き慣れないMAKAR(マッカー)という言葉。

元々は専門的な知識を持つ人の総称のHacker(ハッカー)と韻を踏んでいますが、その発音は古代スコットランド語で詩人の意味のMACK-ERから来ています。これはグラスゴー蒸留所の製造チーム全員のMAKARジンに対する想いを表しています。
「我々のMAKARジンはボトルに入った詩のようなジンです」

**********************************
[主な受賞歴]
・Makar Oak Aged Gin – Scottish Aged Gin of the year 2017
・Makar Mulberry Aged Gin – Scottish Aged Gin of the Year 2019
・Makar Cherry Gin – UK Flavoured Gin of the Year 2019
**********************************


マッカー オリジナル・ジン

マッカー オリジナル・ジン
Makar Original Gin

度数:43.0度/容量:500ml
地域:ローランド

鼻に抜ける心地よいジュニパーベリーの香り、フレッシュなシトラスとシャープなスパイスの刺激が広がり、力強いドライなフィニッシュ。

 

button_order



マッカー オークエイジド・ジン

マッカー オークエイジド・ジン
Makar Oak Aged Gin

度数:43.0度/容量:500ml
地域:ローランド

樽熟成の柔らかで複雑なオークの香り、ロースト感とバランスの良いまろやかな風味。
コショウのようなスパイシーなフィニッシュ。

button_order



マッカー チェリー・ジン

マッカー チェリー・ジン
Makar Cherry Gin

度数:40.0度/容量:500ml
地域:ローランド

スモーキーでヨード、潮の香りが広がる。シロップのような甘さ。燻香、ナッツ、オーク、クリーミーで力強い。塩っぽさが心地よく残る。

button_order



マッカー マルベリー・エイジド・ジン

マッカー マルベリー・エイジド・ジン
Makar Mulberry Aged Gin

度数:43.0度/容量:500ml
地域:ローランド

ドライジンを10 週間マルベリー( クワ) の新樽でフィニッシュ。レモン、タイム、バニラのフレッシュな風味とコショウのようなスパイス感。

button_order



 

 

 

 

 

 

 

 

 

By : admin /8月 31, 2019 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

グラスゴーの新時代の到来を告げる伝統と革新の融合「1770 シングルモルト」

発売日 / 2019年8月31日

新時代の到来を告げる伝統と革新の融合【グラスゴー・ディスティラリー】

グラスゴー蒸留所の最初のシングルモルトは、才能豊かな若い蒸留スタッフによって、伝統と革新を融合させ、グラスゴーを具現化するようなシングルモルトを造りたいという彼らの情熱で誕生しました。

1770は、蒸留所の名前の由来でもある旧グラスゴー蒸留所の創業年にちなんで名付けられました。

スコットランド産の大麦を使用し、カトリーン湖の上質な水を仕込み水に使用。1stフィルのアメリカンオークのバーボンカスクで熟成され、更に新樽でフィニッシュさせ、46%の加水により滑らかで丸みのあるシングルモルトになりました。
鮮やかな黄金色のシングルモルト。バニラ、トフィー、ピーチのかすかな香りのするダークなドライフルーツ。ビスケット、ダークチョコレートとコショウの風味を伴う繊細な花の香り。甘いバタースコッチとクリームブリュレ。
スライスしたての梨、甘いアーモンド、蜂蜜とショートブレッドの香りのするデーツとブラックベリー。厚く塗ったオレンジマーマレード、ナツメグとシナモンのほのかな香りを、複雑な木々とコショウのようなスパイスが支えています。

1770 シングルモルト 2019リリース

1770 シングルモルト 2019リリース
1770 Glasgow Single Malt Scotch Whisky

《111443》
度数:46.0度/容量:700ml
地域:ローランド
カスク:1st フィル・バーボンカスク

鮮やかな黄金色。香りは暖かいカスタード、
少量のペッパーを伴った洋ナシ、ルバーブ。
味わいはさわやかで暖かい。
ペッパーのようなスパイシーさが
長く続くが甘さも感じるフィニッシュ。

button_order

By : admin /8月 31, 2019 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

グラスゴーのスペイサイドの巨人、最高級がここに。「プロメテウス28年」

発売日 / 2017年3月1日

スペイサイドの巨人、最高級がここに。【グラスゴー・ディスティラリー】

誰もが知るスペイサイドの偉大な巨人を限定ボトリング。

 

誰もが知るスペイサイドの偉大な巨人を限定ボトリング。
グラスゴー蒸留所の創業者が長いウイスキー業界のコネクションで入手したその樽は、1988年蒸留のスペイサイドモルトでした。最高級車ロールスロイスに例えられるこの蒸留所が持つ、複雑で奥深い伝統的なハウススタイルに併せて、強いピートのニュアンスを持ち合わせた意外なその味わいは、明らかに多くの人が知るハウススタイルとは一線を画していました。

そして、蒸留所名は伏せられることでボトリングされることが決まり、ギリシャ神話で人類に初めて火を授けた巨人プロメテウスの名を冠して、非常に珍しいピーテッドタイプのリリースとなりました。

リッチでシルキーな上質な味わいと幾重にも重なる複雑で濃縮された旨味、そしてスパイスとピートのニュアンスが、奥深く豊かな余韻をもたらします。

プロメテウス 28年
Prometheus 28yo

《111442》
度数:53.0度/容量:700ml
地域:スペイサイド

冬の時期に彩る果物やグリューワインの様な、
豊潤でふくよかで丸みを帯びたスパイシーなアロマの香り。
マダガスカルのバニラポッド、カンゾウ、
そしてお酒に漬け込んだマラスキーノチェリーの様な複雑味わいに、
少しオイリーな中に、ほのかにピートを感じる。

button_order

By : admin /8月 31, 2019 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

イリディセント・カスク 第2弾 BURNSIDE 1996 & WARDHEAD 1997

発売日 / 2019年8月31日

【ジ・イリディセント・カスク】

THE IRIDESCENT CASK 第2弾!
姉妹蒸留所が奏でる協奏

BURNSIDE1996 & WARDHEAD 1997!

 

昨年リリース直後に即完売となった「THE IRIDESCENT CASK」(ジ・イリディセント・カスク)」の第2段をリリース!

1つの蒸留所の蒸留年と熟成年数が全く同じ原酒でありながら、カスクの種類を変えることで、それぞれが異なる個性を持ち、その味わいの変化を感じ取る。そういったカスクの違いによる個性の違いを、異なる角度から見たときに虹色に変化する「玉虫色」になぞらえて「THEIRIDESCENT CASK(ジ・イリディセント・カスク)」と名付けて、昨年、カリラ4種類をリリースいたしました。

今回のコンセプトは「姉妹蒸留所」の違いを楽しむ、です。
ティースプーン・モルトとして度々リリースされてきた2種類の銘柄「バーンサイド」と「ウォードヘッド」。
どちらもそれぞれのメイン原酒がスペイサイドの姉妹蒸留所だということは、皆さんご存知の通りかと思います。そこで、姉妹蒸留所のティースプーン・モルトを同時に味わいながら、それぞれの違いや共通点を感じていただきたいという思いから今回のリリースとなりました。

ラベルは前回のカリラ4種類と同じくJAZZをイメージしたもので、それぞれ女性のボーカリストとピアニストを採用。
また、それぞれのメイン原酒のヒントとして、バーンサイドには「The Valley of The Deer(鹿の谷)をティースプーンを」と記載し、ウォードヘッドには「A Village at Foot of The Mountain(山の麓の村落)のティースプーンを」と、それぞれ記載しました。姉妹蒸留所が奏でる協奏(デュオ)を、ぜひお楽しみください!

ウォードヘッド 22年

ウォードヘッド 22年
Wardhead 1997

《111423》
度数:47.7度/容量:700ml
地域:スペイサイド
カスク:バーボン樽

アプリコット、ドライフルーツの甘い香り。
滑らかでクリーミー、レーズン、ジンジャー。
スパイシーでほのかにピート。心地よいドライさが続く。

button_order


バーンサイド 23年

バーンサイド 23年
Burnside 1996

《111422》
度数:51.7度/容量:700ml
地域:スペイサイド
カスク:バーボン樽

洋梨、オレンジのようなフルーティーさ。
レーズン、パッションフルーツ。
ミディアムボディでハチミツ、甘さからドライさへとシフトする。
シナモンのスパイシーさが広がる。

button_order


By : admin /8月 01, 2019 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More

蒸留所の個性とフィニッシュの面白さを楽しむ―。ザ・クーパーズ・チョイス コスパ優秀5アイテム登場!

発売日 / 2017年3月1日

【ザ・クーパーズ・チョイス / ザ・ビンテージモルト社】

比較的若い原酒から熟成のピークを迎えた原酒まで、バラエティ豊かなボトルをリリースしている「ザ・クーパーズ・チョイス」から、コスパ優秀な5アイテムをリリースします!

プレーンでシャープな潮の香りが旨い「カリラ 10年」は、安定の短熟アイラらしい気軽に楽しめるアイラ・モルトです。

また、モスカテル・フィニッシュから3種類を。「レダイグ 17年」はスモーキーな旨味が凝縮されつつ、甘さやコクを感じるボトルに仕上がっています。「ブナハーブン スイート&スモーキー」はブナハーブンでは数少ないスモーキー強めで、クリーミーなニュアンスも見逃せないボトルです。「トーモア ピーテッド・バッチ」も、短熟モルトのフレッシュな麦汁感とヨードの風味のバランスが面白いボトルとなっています。

そして、面白いのが「オスロスク スペイサイド・デザート」。
南フランスのワイン産地でスペインとの国境近くにあるバニュルス地方のワイン樽でフィニッシュさせたボトルです。爽やかなレーズンを思わせる香りとしっとりとした甘さを感じつつスパイシーな味わいで、とても興味深い仕上がりになっています。


レダイグ 2002 17年

レダイグ 2002 17年
Ledaig 2002

《111412》
度数:53.5度/容量:700ml
地域:アイランズ
カスク:モスカテル・フィニッシュ

ピート、硝煙、次第にスモーク香が出てくる。シロップ、焦がしたアーモンド、麦芽の甘さが広がる。コクがあり香ばしさ、ほのかに塩っぽさが残る。

 

button_order



カリラ 2008 10年

カリラ 2008 10年
Caol Ila 2008

《111414》
度数:51.0度/容量:700ml
地域:アイラ
カスク:バーボン樽

ヨード、潮の香り。シロップのような甘さ。スムースで塩っぽさが広がる。
海草、オリーブ、オークのドライさがある。

button_order



ブナハーブン スイート&スモーキー

ブナハーブン スイート&スモーキー
Bunnahabhain Sweet & Smoky

《111413》
度数:56.0度/容量:700ml
地域:アイラ
カスク:モスカテル・フィニッシュ

スモーキーでヨード、潮の香りが広がる。シロップのような甘さ。燻香、ナッツ、オーク、クリーミーで力強い。塩っぽさが心地よく残る。

button_order



トーモア 2011 7年

トーモア 2011 7年
Tormore Peated

《111411》
度数:55.0度/容量:700ml
地域:スペイサイド
カスク:モスカテル・フィニッシュ

フェノール、ヨード、ピート香が広がる。甘口でクリーミー、スモークを感じる。スムースで心地よい。塩っぽさが残る。

button_order



オスロスク スペイサイド・デザート

オスロスク スペイサイド・デザート
Auchroisk Speyside Dessert

《111410》
度数:58.5度/容量:700ml
地域:スペイサイド
カスク:バニュルス・フィニッシュ

レーズン、麦芽、赤ワイン、ほのかにナッツを感じる。しっかりとしたボディ、メープルシロップ、ビターでスパイシー。心地よいタンニンが広がる。

button_order



 

 

 

 

 

 

 

 

By : admin /8月 01, 2019 /NEWリリース, インフォーメーション, リリース情報 /Read More
1 / 11
  • New Catalog

    [最新カタログ] こちらからご覧ください。
    最新デジタルカタログ

    デジタルカタログ閲覧方法
    デジタルカタログ閲覧方法


  • Goods Item

    オリジナルラベル
    ノベルティ、記念ボトルなどお作りいたします

    ジンジャービア
    本格モスコミュール!! ジンジャービア

    燻酒